スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  【人気blogランキングへ】

嫌われ松子の一生。


めっちゃ寒くなりましたね~ ロン☆

遅ればせながら、映画「嫌われ松子の一生」を観てきました。

TVシリーズも始まってますよね^^

映画版も、前からずーっと気になっていたんですが、

観る機会を逃していたんですよね~(^^ゞ

原作をミュージカル調に脚色。

展開が早すぎるのと、ラストが助長なのが気になったんですが、

それを除けば心に残る映画っす。


       ◇
  

■理不尽。

主人公の松子は転落ばかりの人生。

まぁ、人生って多かれ少なかれ、誰にとっても’理不尽’ですよね~

「もう人生、終わりだ!」

そんな場面でエンドロールが流れてくれれば、ある意味、楽なんでしょうけど(^^;)。

現実には「ハイ!消えたー!」みたいにはいかない訳で(笑)。

泣きっ面に蜂。そんなシーンを何度も乗り越えていく。


■愛情。

松子と様々な男との愛憎劇。

女性にとって愛情は生きる「糧」みたいな感じですね。

愛する相手は、男だったり子供だったり家族だったり、

色々なんだろうけど、とにかく常に愛する相手が必要みたい。

必須な栄養素みたいなもんなのかな。

男とはちょっと違う気がする・・・


■メンドウ。

晩年は一人で生きる松子。

「お化粧もしない」、「食べては寝るだけ」の「引きこもり」みたいな生活へ。

何て言うんだろう、普段はあまり意識しないんですが、

ぶっちゃけ、生きるのってメンドクサイことばっかでしょ(笑)。


お化粧する、食べる、寝る、Hする、遊ぶ・・・

どれをとっても、落ち込んでるときなんか、メンドクサイんですよね。

でも、こーゆう基本的なことを'丁寧に'こなすのが、じつは大切だったりするような。


      ◇


多くの男性を愛した松子ですが、相手に依存しすぎな感じもして・・・

なんか危なっかしい。

結局、「自分への愛情」が一番足りないものじゃなかったのかな、って気もします。


ではでは。
  【人気blogランキングへ】
スポンサーサイト

デスノート。


Mいと映画デート♪ 

彼女は映画好きだから、デートでは映画を観に行くことが多いかも。


今さらな感じなんですが、『DEATH NOTE・デスノート(前編)』

が面白かったです。


あらすじ。

デスノートに名前を書かれた者は死ぬ。

主人公は、このノートを武器に、法で裁ききれなかった犯罪者を殺していく。

主人公を殺人犯として追う、探偵との頭脳ゲームが楽しい☆


    ◇


意外と考えさせられる社会的なハナシなんですね。

 
しかし、主人公の考え方が若いなぁ。

善と悪の二極論。


そもそも「正義」って難しくないですか?

自分的には「絶対に正しい!」なんてことは、この世にないと思いますね。

すべて相対的


悪を裁く側も、「コレで正しいのかな?」と迷いながら権力を振るう

ぐらいでちょうどいいと思う。

「絶対に正しい!」なんて信じてしまっては怖い。


どこぞの国の大統領みたいに、報復戦争を始めて、何のためらいもなく大量殺人が

できちゃう。

人間って弱いから、何かを信じないと強く生きていけないような気がするけど、

一方で迷うことも必要だと思う。


 「光あるところに、また闇もある」

ドラクエで、勇者に倒された竜王が吐く捨て台詞なんだけど、

何気に名言だと思うんだけどなー(^^ゞ。


    ◇ 


正義だと信じて、自分の道を進む主人公。

後半では、少しづつ狂気じみてくるんだけど、続編ではどうなるのかな。

原作のマンガを読んでみたくなった。


じつは、なつかしの「ジャンプ」連載なんですね(^^ゞ。

学生のときに、発売日前に売ってくれるお店があって、

「ドラゴンボール」とか教室で回し読みしたなぁ(笑)。


ではでは。   【人気blogランキングへ】

ゲ【ト】戦記。



「ゲド戦記」をゲ【ト】戦記だと、ずーっと勘違いしてました。ロン☆

あ~ストでゲトりてー0(>_<)0(笑)。


それは、置いといて。


キプ子とデートで観てきましたYO♪

(以下、ネタバレあるかもなので、鑑賞前の方はチューイで。)

ロン的な評価は、可もなく不可もなくフツーかなぁ。

「ツマンネー」って思う人の方が多いみたいですけどね~

3大ファンタジーって言われてる原作も、こんなに味気ないのかなー?


まぁ、確かに「盛り上がり」にかけて、「マジメすぎる」感じですが、

やっぱこんなもんじゃない? 

最近のジブリ作品って、初期のころほどはインパクトがないよーな気も。


監督は宮崎駿さんの長男。父親と比較して、評論家に叩かれてるみたい。

でも、この人、初監督。

しかも、もとの仕事は建築関係とか、全くってくらいアニメ製作の経験が

なかった人らしい。

それで、これだけのモノを作れるって、逆にスゴイと思うんだけどなぁ(^^ゞ


ロン「カエルの子は、カエルだね~」

キプ「えーどうしてあの場面で竜になっちゃうのー!?」


女性はそーゆうとこ気になるらしい。まぁまぁ、映画だし(笑)。


映画からのメッセージ。

「命は限りあるから素晴らしい。」

ふむふむ。


オイラがストナンを始めたきっけかも、畢竟はコレかもね。

「誰だって年をとるし、いつか死んじゃうからね。今を後悔せずに生きたい。」


オイラの日記もゲット戦記にしたいねー

微妙にがんばろ☆
  【人気blogランキングへ】


-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。